ブログ

HOME» ブログ »ファッションケアの基礎知識 第9弾!「衣類の大敵!黒カビ」

ブログ

ファッションケアの基礎知識 第9弾!「衣類の大敵!黒カビ」

こんにちは、mikuです。

先週に学校の授業参観がありました。クラスを半分に分けて、1家族1人のみの参観でしたが、子供たちが楽しそうに過ごしているのを見ることができ、主人はとても嬉しそうでした。

この状況下で工夫してくださった、先生方に感謝です☆

 

今日はファッションケアの基礎知識、第9弾!「衣類の大敵!黒カビ」す。

 

今年もカビに要注意!

前回は白カビについて、お話させていただきました。

いつもの年以上に、昨年の夏以降は、カビのお洋服が多くて、お困りのお客様が多かったです。

外出自粛で、クローゼットを開ける機会が減って、長梅雨からの猛暑で、カビの生える絶好の条件が揃っていたのかもしれませんね。

 

カビの生える条件は、気温が20度以上・湿度が70%以上と言われています。

さらにホコリや汚れなどの栄養源があると、活発に繁殖します。

 

衣類に付く、カビの種類は2種類

お客様が持ち込まれる、カビの生えたお洋服には大きく分けて、2種類のカビが生えています。

それは前回紹介した「白カビ」と「黒カビ」です。

黒カビは、色素系のカビの一種で、黒いポツポツが普通に洗っても取れません。

 

今回は黒カビについてです。
黒カビは、白カビと違って、根っこまで色づいているため、とても目立ちます。

この色素を抜こうと思っても、漂白剤でも落ちないんです。

私がお洋服をお預かりする時も、黒カビを見たときは「あちゃ~、諦めるしかないかな」と思う事が正直な所です。

「お預かりすれば、菌を死滅させることはできますが、黒いポツポツとした色素を落とすことはできないんですよね。」とお伝えします。

しみ抜きや漂白をすれば、落ちると思っていらっしゃる方が多いのですが、黒カビは諦めてもらう事が多いです。

 

カビがお洋服に与える影響

カビ菌は身体に悪影響・・・

それだけではありません!
 

お洋服に付いたカビは、繊維の中に根っこを食い込ませ、繊維や色素成分を分解してしまいます。

カビが一度生えてしまうと、取り除けたとしても“生地が弱ってしまっていて穴が開きやすくなる・・・”

“色が抜け、変色してしまう・・・”といった、お洋服にもダメージを与えてしまいます。

 

まずは、カビを生やさない事が、やっぱり大事になってきます。

 

カビを生やさないために

  • 一度でも着たお洋服は必ず洗いましょう。

「短い時間しか着ていないから・・・」「見た目汚れていないから・・・」

意外と洗わずに、そのままクローゼットに入りっぱなしのお洋服があります。

少しの汗や汚れでもカビの栄養源になってしまいます。

まずは、汚れを取り除いてしまうのが大前提です。

 

  • クリーニングの袋は取りましょう。

クリーニング屋さんでお返しする時にかかっているビニール袋は、店内で保管中のホコリよけのもの。

袋に入ったままクローゼットにしまっていませんか?

ビニール袋は通気性が悪いので、湿気がたまりやすいです。

必ず外してから、クローゼットにしまってくださいね。

 

  • 収納する場所を清潔に保ちましょう。

お洋服はキレイでも、そのお洋服をしまっておく場所が汚れていては意味がありません。

定期的に掃除をして、クローゼットの中をキレイに保ってくださいね。

その際に、空気の入れ替えをするとさらにGoodです!
 

  • クローゼットの中をパンパンにしないように。

隙間なくキツキツで収納してしまうと、風通しが悪くなってしまいます。

また、カビが生えてしまった時に、他のお洋服に増殖しやすいので、詰め込みすぎは厳禁ですよ~。

クローゼットの中は8割程度にしましょう。

保管場所にお困りでしたら、ニックのマイクローゼットをご活用くださいね!

次のシーズンまで、湿度と温度が管理されたお部屋で保管をするので、カビや虫食いの心配がありません。

詳しくはマイクローゼットへ
 

カビの生えない環境を作って、お洋服を永くキレイに着続けてください。

もしカビが生えてしまったら、ニックにご相談くださいね。

 

 

今回はニックのファッションケアの基礎知識 第9弾「衣類の大敵!黒カビ」でした。

2021/06/25

ブログ

SDGs

  

ニックからのお知らせ

メディア掲載

アパレル業者様へ

あおぞらブログ

SDGsターゲット

HOME

 

ニック会員カード
ファッションお手入れ通信
ダウンクリーニング