ブログ

HOME» ブログ »≪ビジネスリペア~ジャケット編~≫

ブログ

≪ビジネスリペア~ジャケット編~≫

こんにちは、akkoです。
10月は夏物の仕舞い洗いと秋服が入り交じっています
しばらく仕舞っておく服にはカビ予防のVB加工がお勧めです‼

さて、クリーニングでの受付の時に、意外と気付かれていないほつれや破れをお見かけすることがあります。
そこで今回は、【ジャケットのダメージポイント】とお直しの【Before・After】をいくつかご紹介致します。

 

①袖口・擦り切れ直し

ご本人は気付いていないかもしれませんが、袖口は他人から意外と見られている場所。
男性は特に時計を付ける左側の袖口が擦れて、生地がダメージを受けていることが多いです。
袖口がボロボロだと、折角のスーツも残念な感じになってしまいますね。
そこで擦り切れ直しをご提案致します。

【袖口(開き見せ)・擦り切れ直し】 (片方)¥2,050-(税抜価格)

擦り切れ部分はミシンでたたいて内側に入るので、修理跡が表からは見えません。

少し袖丈が短くなりますが、見た目では元のようにきれいになります。

ジャケットの袖口の形は【筒袖・開き見せ・額縁】があります。
袖口の形によって料金などが変わります。
詳しくはスタッフまでお尋ねください。

 

②袖の付け根部分・裏地のほつれ

腕を伸ばした時にアームホールの裏地がほつれてしまった、なんてことありませんか?
見えない場所だから・・と放っておくとどんどん広がってしまい大変なことに!
ここはほつれ直しをお勧めします

【袖の付け根・裏地ほつれ直し】 (半周)¥1,550-/(1周)¥2,050- (税抜価格)

ほら、この通り!
ほつれた部分を丁寧に一針一針まつっていきます。
見た目だけでなく、着心地もとってもよくなりますよ!

 

③裾のほつれ

何故か半分だけほつれていることが多いんです。
恐らくベルトに引っかかってほつれたのでは?
ここもそのままにしているとほつれが広がってしまうので、早めのお直しをお勧めします。

【裾・ほつれ直し】

(裏地なし身巾半分)¥1,050-/(裏地あり身巾半分)¥2,050- (税抜価格)

裾のほつれも手まつりで直します。
まるでミシンで直したかのように、きれいに仕上がりますよ!

 

④胸ポケット口のほつれ直し

スマホでもいれているのでしょうか?
ここも目立つ場所です。
お持ち込みになるのが奥さまやお母さまの時に確認していただくと
「いやだわ、こんなのを着ていたのかしら!」
と驚かれたり、がっかりされる声を耳にします。

【胸ポケット口のほつれ直し】 ¥1,050-(税抜価格)

ここも一針一針手でまつって直します。
ただし見頃の生地までさけてしまったら、【ミシン刺し】という、見た目に目立ってしまう修理で補強します。


お直しは、虫歯の治療と似ています。
早めの治療がさらなるダメージを防ぎます。
ニックではお預かりの際の検品でお困りごとを早期発見し、仕上がり具合をご説明をさせて頂いたうえでお直しをいたします。
安心してお任せくださいませ。


お直し相談会開催中!
10月22日(木)~27日(火)
フィッティングは予約を受け付けております。
お気軽にお越しください。


 

2020/10/24

ブログ

  

ニックからのお知らせ

メディア掲載

アパレル業者様へ

あおぞらブログ

HOME

 

ニック会員カード
ファッションお手入れ通信
ダウンクリーニング