ブログ

HOME» ブログ »マフラーのお手入れ

ブログ

マフラーのお手入れ

こんにちは、mikuです。
もうすぐ待ちに待ったクリスマスですね♪
クリスマスの飾りつけやイルミネーションを見るだけで、楽しい気分になりワクワクしてきますよね。
先日我が家でも毎年恒例のイルミネーションを見てきました。
イルミネーションを見るのはもちろんですが、屋台を回り食べ歩きをするのも楽しみのひとつです。
みなさんも楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

 

 

冬のオシャレアイテムのマフラー

この時期のオシャレアイテムの1つにマフラーやショールがありますよね。
私も毎日、コーディネートに合わせて何枚かを使い分け、巻き方を変えてみたりと、オシャレを楽しんでいます。
しかし、マフラーってコートの上から着けているけど、首や顔に直接ついてしまっているんですよね。
良く考えると皮脂やファンデーションがとても付きやすいアイテムです。
ウールやカシミヤ製品は変色が始まるまでの経過日数が10~25日程度です。
汚れが見えていなくても、1ヶ月に1回を目安に、シーズン中に3回はクリーニングに出すのが、永くキレイに着ていただくポイントです。

昨年はこの話をしたオシャレなお客様が「ファンデーションも付いているし、首に直に付いているから気になって」と毎週末にお持ちになった方がいらっしゃいました。
肌に直接触れているので、ふんわり感もよみがえり喜んでいただいていました。

 

ニックのこだわり

マフラーも毛玉ができていると何となく汚れて見えてしまい、気になりますよね。ニックでは毛玉処理も無料です。4種類のプロ用の毛玉取り器を使い素材の特徴や風合いを見極めながら、一点一点手作業で行うので、糸引きはもちろん、生地を傷めることはありません。

またニックでは、素材の持つ回復力を生かし、風合いや形を補正する事もできます。フリンジ(ひらひらしている部分のことです)のヨレなども職人の技術でよみがえります。

 

カシミヤはソフトクリーニングがおすすめ

特にデザイン性が高いカシミヤなどデリケート素材のものはニックの「ソフトクリーニング」がオススメです。より摩擦が少なく、ゆりかごのように優しく洗い、低温で乾燥をするのでポイントを生かしたまま優しくお手入れをすることができますよ。

 

2018/12/18