ブログ

HOME» ブログ »ワンピースのお手入れ

ブログ

ワンピースのお手入れ

こんにちは、mikuです。

暑い日が続いた残暑もおわり、いよいよ秋模様になってきましたね。

この時期ニックでは、お子様にハロウィンのぬりえを塗ってきていただき、お店に飾らせていただいています。

毎年楽しみにいてくれているお子様もいて、カラフルなかぼちゃや、いろいろな模様のかぼちゃなど…たくさんのぬりえでお店の中が一気に華やかになりました。

みなさんはお家でどんな飾り付けをしていますか?

 

気温も下がり長袖の出番も増えてきましたが、夏服のしまい洗いはお済みですか?

ブラウスや麻素材のもの、白色のものから中心にしまっていると思いますが、ワンピースのしまい洗いもどうすればいいのか、迷うことがありませんか?

 

ワンピース ワンピースのお手入れ用画像 

 

しまい洗いにはダブルクリーニングがおすすめ!

今年の夏は特に暑く、酷暑と言われたぐらいでした。お洋服もたっぷりの汗を吸っています。また洗わずにしまっておくとカビの原因にもなり、生地を傷めてしまいます。

 

クリーニングをしてクローゼットにしまったはずなのに、翌年着ようと思ったら黄ばんでいた!なんて事はありませんか?これはドライクリーニングだけでは落としきれない汗が残っていたからなんです!

夏物は家庭洗濯で済ませてしまいがちですが、家で水洗いをしただけでは、皮脂やファンデーションが残留し黄ばみの原因になってしまいます。皮脂やファンデーションはドライクリーニングをしないと落ちません。

ニックではそんな黄ばませないための「ダブルクリーニング」があります。しまい洗いのお洋服にはぜひ、ダブルクリーニングをお試しくださいね。

 

ワンピースのしまい洗いはここが注意

ブラウスと違いワンピースは色合いや細かい刺繍など、ディテールこだわっている物が多いです。ビジューが付いたものや、プリーツをぴっちりと付けてほしくないもの、自然な風合いのシワ加工など、デザイン性の高い物があります。

しっかり洗いのダブルクリーニングで汗抜きを!とオススメしたいところですが、ワンピースはやわらかい素材や天然素材も多く、裏地が付いていたり、型崩れやヨレ、糸引きが起きやすいので、私たちも細心の注意を払っています。

 

先日、お客様がシルクでできた紺色のワンピースを持ってこられました。夏の間に着ていたから汗をかいているとおっしゃられましたが、シルクだとどうしてもウェット処理をすると収縮や白化の恐れがあります。かといって、ドライクリーニングだけでは汗は取りきれないため、ニック自慢のエクセクリーニングをオススメさせていただきました。

 

(※摩擦により生地が白くなる現象のことを白化といいます。シルクや濃色のものは特にできやすいので、私たちも注意をしています)

 

エクセクリーニングでお預かりすると、国家資格を持つマイスターが1点1点細かな対応をさせていただきます。今回のワンピースですと、収縮や白化の心配もなくきちんと汗抜きができました。「これで夏物のしまい洗いも安心ね」と喜んでいただきました。ワンピースのエクセクリーニングですと3,300円です。

 

私たちニックでは、ワンピースの状況や生地などの特性を見極めて提案させていただいています。気軽にご相談ください♪素材やデザインを見極めてゆりかごのように優しく仕上げています。ぜひお任せください。

2018/10/18