ブログ

HOME» ブログ »「布団」アイテム別お手入れ第18弾!

ブログ

「布団」アイテム別お手入れ第18弾!

 
こんにちは、mikuです。

いよいよ、梅雨があけそうですね。

主婦にとってこの時期は、洗濯物が一番の悩みですよね。

早く梅雨が明けて、洗濯もカラッと乾いてほしいですね。

今日は、アイテム別お手入れ第18弾!「布団」です。

 

布団も、クリーニングがオススメ

暖かい気候になり、羽毛布団をしまう時期になりましたね。

みなさんは、羽毛布団をしまう時はどのようにして、しまっていますか?

私がニックに入社するまで実家では、晴れた日にベランダに布団を干して、カバーを洗って圧縮袋に入れてしまっていました。

しかしニックに入社してからは、毎年クリーニングに出してから、しまうようになりました。

 

人は寝ている時にコップ1杯分の汗をかくと言われています。

布団を頻繁に干して、湿気を逃している方も多いと思いますが、私の住むマンションでは布団を干せません。干せたとしても、排気ガスや虫が付いてしまいそうで心配ですよね。

家では、こまめに布団乾燥機と布団用の掃除機を使っていますが、それだけではダニは、取り除けないらしいんです。

先日テレビで見ていて、ダニがどのように死滅していくか実験をしていました。

晴れた日に干して日光をあてても、ダニは日が当たらない方に移動していくらしいんです。

また洗濯機で洗っても水に強く、死滅はしていませんでした。

掃除機で吸う実験では、死骸やホコリは吸えても、掃除機の吸引力では、繊維にしがみついて離れなかったんです。ダニってかなりしぶといですよね・・・。

それを見ていたら、実家でやっていた事が怖くなりました(笑)

 

ダニが死滅するには50~60度の熱が必要らしいです。

ニックの布団丸洗いクリーニングに出していただければ、オゾン水で除菌・消臭・漂白効果があり、しっかり中まで丸洗いします。

 

一日の1/3近くの時間を寝具の中で過ごします。次のシーズンも快適に過ごせるようにしたいですよね。

 

 

布団デリバリ-は、リピーターが多いです

お布団をクリーニングに出したいけれど、かさばるのでお店まで持っていくのは大変ですよね。

そんな時はお家まで集配し、クリーニング後もお家までお届けする、布団デリバリーをご活用ください。

 

毎年、ご利用いただいているお客様は「小さい子供がいるから、布団なんてベビーカーで持って来れない。これなら子供がお昼寝している間に準備ができるし、自分の好きな時間に集配に来てもらえるから便利だわ!それに羽毛布団がふわふわになって返って来たのが感動した」とおっしゃっていただいています。

 

羽毛布団は、特に、使用していると汗や皮脂の汚れが、お布団の中に浸み込み、ホコリを吸着して、羽毛に貼り付いてしまいます。そうなると羽毛同士がくっついて、タンポポの綿毛のようなダウンボールがどんどん小さくなって、へたってきてしまいます。こうなってしまうと、空気を含む量が減り、温かさも保てなくなってしまうんです。

ニックの丸洗いをすると、この汚れが取れ、羽毛のふんわり感が戻るので、一度クリーニングに出していただいた方は、毎年出さないと気になってしまうのよね。とリピートしていただいています。

 

布団デリバリーの申し込み(9,700円(税抜)~)は、店頭またはホームページからしていただけます。

 

ニックなら、布団の仕立て直しもできます

東京都の粗大ごみのNo.1は布団だと言われています。

でも布団って使い捨てにするものなのでしょうか?

両親に買ってもらった布団、初めての一人暮らしで奮発して買った布団、結婚を機に揃えた布団・・・布団にも色々な思い出がつまっていますよね。

クリーニングで清潔な状態を保っていても、長年使用していると羽毛がちぎれたり、折れたりしてカバーの外に出てきてしまいます。

また、生地はどうしてもスレたり、破れたりしてしまい、これも羽毛が飛び出る原因になります。

 

ニックの仕立て直しでは、中の羽毛を取り出し洗浄し、羽毛の癖やつぶれを回復させます。

また羽毛の重量が足りていない場合は、補充羽毛で新しい羽毛布団のようなふっくら感になります。最後に新しい側生地にすることによって、大切なお布団をよみがえらせる事ができます。

 

気になる方は、ぜひスタッフまでお声がけください☆

 

 

 

今日は、アイテム別お手入れ第18弾!「布団」でした。

2020/07/31

ブログ

  

ニックからのお知らせ

メディア掲載

アパレル業者様へ

あおぞらブログ

HOME

 

ニック会員カード
ファッションお手入れ通信
ダウンクリーニング