ブログ

HOME» ブログ »ネクタイ のお手入れ

ブログ

ネクタイ のお手入れ

こんにちは。mikuです。

暑い日が続きますね。

クールビズという言葉が出始めたのが2005年の夏らしいです。

今ではすっかり定着してきて、ノーネクタイのかっこいい着こなし特集などが取り上げられていますね。

そんな最近登場することが少なくなったネクタイは、みなさん日頃はどのようにお手入れしていますか?今の季節は使う機会が減ったからと、クローゼットに入れたままになっていませんか?

ネクタイ のお手入れ

ネクタイを結ぶ首まわりは体温が高い部分なので、ネクタイには皮脂が付きやすく、気付かないうちに汚れがどんどん溜まってしまっています。特に結び目の部分はとても汚れやすい箇所になるので注意してくださいね。

家にあるネクタイも、ちょうど結び目(真ん中あたりの位置)の部分が汚れていたり、黄色く変色していませんか?

ネクタイはシルク(絹)でできている物がほとんどのため、汚れが変色になってしまうまで7日間しかありません。それ以上、時間が経ってしまうとニックのシミ抜きでも落とすのが難しくなってしまいます。

 

またネクタイは胸元の真ん中に位置しているため、実は食事の汚れやタバコのヤニなどがとても付きやすいんですよ。もし、シミが付いてしまったら濡れたハンカチなどで拭かずに、早めにお持ちくださいね。シミが付いてしまうと、おしぼりなどでついこすってしまうお客様も多いんです。

こすってしまうと白化してしまうので、こすらないように注意してください。

こういった天然繊維のシルクは、とてもデリケートです。シミが付かないための予防としては「撥水加工(おしゃれ加工)」がありますので、ぜひご相談くださいね。

(※摩擦により生地が白くなる現象のことを白化といいます。クリーニング業界ではよく出てくる言葉なんですよ)

 

ネクタイは毎日同じ物は使わずに、ローテーションしてオシャレを楽しみながら使っていただき、シミが付いていなくても1ヶ月に1回はクリーニングに出して、定期的にお手入れしていただくと、長持ちしますよ。

1週間に2回使っているネクタイだと、1ヶ月に8~10回使っていますよね。

けっこう汚れている状態かもしれません。

 

ニックにはネクタイ専用の仕上げ器があるので、ぺちゃんこにならず、丸みをもった仕上げで、みなさんに喜んでいただいています。

先日もラーメンの汁が飛んでシミになってしまったというお客様が来店されました。

「ネクタイはクリーニングに出しても大丈夫?つぶれたりしない?」と心配そうでしたが、長く使っていてつぶれてしまっていたのが、逆に丸みをおびて仕上がってきたので、喜んでいらっしゃいました。

 

ニックのネクタイクリーニングを、1回試してみてくださいね。通常価格450円になります。

夏風邪など、お体にお気をつけくださいね。

 

miku

2018/07/21