ブログ

HOME» ブログ »「カーペット」アイテム別お手入れ第22弾!

ブログ

「カーペット」アイテム別お手入れ第22弾!

こんにちは、mikuです。

良い天気が続いていますね。

こんなに天気が良いと洗濯や掃除がはかどりますよね。

我が家は毎年年末ギリギリまで仕事があるため、大掃除はこの時期から始めてるんです。

寒い時期にするより、ちょっと暖かい今のうちにやっておくと、水仕事もはかどりますよ!

そんな大掃除に向けて…

 

今日は、アイテム別お手入れ第22弾!「カーペット」です。

 

カーペットは掃除が難しいです

カーペットやじゅうたんは、毎日掃除機をかけているつもりでも、間違った掃除の仕方をしていると、根元にホコリや髪の毛・食べかすが残っていることがあります。それを放置しておくとダニが発生してしまいます。

 

おうちでの掃除のポイントは、毛流れを確認し、毛流れの逆方向から掃除機をかけます。

まずは寝てしまっている毛を起こし、根元の方から吸引する事が大事です。それから違う3方向から掃除機をかけてください。

またカーペットはフローリングに比べると、汚れが毛に絡まっているため、掃除機をかけるスピードをゆっくりとすることで、根元まで空気を入れ、吸引できるホコリやゴミを多くします。

粘着クリーナーを使うのもオススメです。

 

掃除機だけでは、不十分です

コロナウイルスは床に落ちると言われています。そう言われると、なんとなく気持ち悪くなりますよね。

また丁寧に掃除機をかけていても、食べこぼしのシミや、寝転んで付いた皮脂などの汚れは落ちません。

このような汚れでもダニは発生してしまいます。

大きさや厚みがあるので、おうちでも洗濯はできませんよね。

そんなカーペットの上で、子供が遊んだりお昼寝をするのは、心配ですよね。

ダニの発生やホコリは、アレルギーや喘息の原因にもなるので、注意が必要です。

汚れが付いたらすぐに、目に見える汚れが付いていなくても半年に1回はクリーニングに出して、キレイな状態を保ちましょう。

 

プロの機会と技で安心

ニックのカーペット専門の工場と職人が1点1点お手入れをします。

まずは、全体的なホコリと汚れを落とし、専用の機械と洗剤を使い洗います。

乾燥が不十分だと、臭いやカビの原因にもなってしまうので、時間をかけて十分に乾燥させます。

プロの機械があるからこそ、できるクリーニングです。

私も一度、工場見学をさせてもらいましたが、工場の大きさと機械の迫力に驚いた事を覚えています。

繊細な段通のじゅうたんも扱う職人さんがいるので、安心してお任せください。

 

今日は、アイテム別お手入れ第22弾!「カーペット」でした。

 

2020/10/29

ブログ

  

ニックからのお知らせ

メディア掲載

アパレル業者様へ

あおぞらブログ

HOME

 

ニック会員カード
ファッションお手入れ通信
ダウンクリーニング