ブログ

HOME» ブログ »「学生服」アイテム別お手入れ第17弾!

ブログ

「学生服」アイテム別お手入れ第17弾!

こんにちは、mikuです。

今月から子供たちが通う小学校が再開されました。
新しいクラスになってから、午前と午後の分散登校で半分のお友達としか会えていませんが、先生のアイディアで交換日記のような事をしていたみたいです。
まだまだ不安はありますが、子供たちがお友達とたくさん遊べるような日々が戻るといいですね。

今日は、アイテム別お手入れ第17弾!「学生服」です。

学生服

月1回のクリーニングが理想です


みなさん学生服はどんなタイミングでクリーニングに出していますか?
ニックに来られるお客様の中では、長期休暇やアクシデントで付いてしまった汚れがある時にお出しいただいている方が多いように感じます。

先日は、衣替えのタイミングで学生服をお持ちになったお客様がいらっしゃいました。
春休みも部活があったため、気になった時は消臭スプレーをかけ、半年ぶりにクリーニングに出しに来られたそうです。
私が触ってみるとゴワゴワして、生地が固くなっていました。
“消臭スプレーは汚れを落とすものではない”こと、”一時的にニオイは消えるかもしれませんが、スプレーの上塗りをしているので、成分が蓄積されてしまっている”ことをお伝えすると、とてもびっくりされていました。お母様はお子様の制服を家で触ることがなかったようなので、固くなってしまった制服を触っていただきました。「長時間着ている制服がこんなにゴワゴワしていたなんて・・・子供が可哀相だったわ」とおっしゃっていました。

学生服は毎日着ているので、通学時間を合わせると1日の1/3時間は着ていますよね。
学生は行動範囲が広いですし、活発に動くため汚れも付きやすいです。
生地に汚れを定着させずに清潔な状態を維持するには、月1回のお手入れが理想なんです。
かと言って、成長の早いお子様の学生服を何着もそろえるのは経済的ではないですよね(泣)
部活動をしていると週末も学校へ行くため、クリーニングに出す時間がない方が多いのではないでしょうか・・・。
ニックではお急ぎ1点につき200円で当日仕上げができます。
お昼までにお持ちいただければ、ダブルクリーニングで当日仕上げも可能です。
部活動が休みの1日でも、ニックならクリーニングに出していただけます。

学生服はダブルクリーニング


私もそうでしたが、学生の時はとても活発に動きますよね。
部活動をしていると、砂や汗が付きやすい環境だったり、行動範囲も広いので様々な汚れが付きやすいです。
私服は毎日洗濯しているのに、学生服はお家で洗濯するわけにはいきませんよね。
砂や汗は、水溶性の汚れになるので通常のドライクリーニングで落ちきれません。
水溶性の汚れをキレイにするには、ウェットクリーニングをする必要があって、ニックのダブルクリーニングですと、しっかり汚れを落とします。

撥水加工がオススメ


雨の日は、私服だと濡れてもいい洋服にしたり、レインシューズなどを履いて対策をしますが、学生服ではなかなか対策できませんよね。そんな時に「撥水加工」をしておくと、雨などの水分を弾き、花粉やほこりなども付きにくくなるので、頻繁にクリーニングに出せない学生服にはオススメです。防水加工とは違うので、水分を弾いても、空気は通すので蒸れることもありませんよ。

また撥水加工は水分を弾くので、汗や湿気によって消えやすくなってしまう、スカートのプリーツやズボンのセンターラインなどの折り目をキープさせる効果もあります。
折り目が消えてしまうと、見た目がヨレヨレで残念になってしまうので、クリーニングに出したときは一緒に撥水加工もしておくのがオススメです。撥水加工は日にちがかかるので、スタッフにお尋ねくださいね。

ボタンや校章は外しておく

 

学生服のボタンは校章が入っているものが多く、万が一割れてしまったり、外れてしまっては取り換えが効きにくいものです。
学ランは、縫い付けられていなく取り外せる仕組みになっているので、あらかじめ外しておくのが安心です。
よくあるのが、上着に付いている校章が付けたままの状態です。校章は安全ピンタイプのものやピンバッジタイプが多く、外れやすいので、外してお客様自身で保管していただいています。
クリーニングから返ってきたら、忘れないうちにすぐに取り付けてくださいね。
ニックでもボタンや付属品には細心の注意を払っています。

今日は、アイテム別お手入れ第17弾!「学生服」でした。

2020/06/26

ブログ

 

  

ニックからのお知らせ

メディア掲載

アパレル業者様へ

HOME

ニック会員カード
ファッションお手入れ通信
ダウンクリーニング