ブログ

HOME» ブログ »ニットのお手入れ

ブログ

ニットのお手入れ

こんにちは、mikuです。
みなさん、いよいよ秋になり少しずつ長袖をクローゼットから出して、衣替えを始めているのではないでしょうか。
1年中活躍するニット!型崩れや縮みが心配で、Tシャツやブラウスのように頻繁に洗濯をするのはためらってしまいますよね?
しかし、洗濯をしないで放っておくと汗や首周りに着いた化粧品が黄ばみの原因になってしまいます。
クリーニングに出したいけど、こまめに出すにはちょっと大変…ですよね。
そんな私が家で実践している家庭洗いのコツを紹介させていただきます。

 

クリーニング ニット のお手入れ

 

ニットの洗いのコツ「水洗い」

ふんわりした風合いが特徴のニット。初めて洗うときは、まず表示を確認してください。「水洗い可」でも色が出る場合があります。洗う前に目立たないところで色落ちテストをしてみましょう。洗剤はおしゃれ着専用の中性洗剤を使い、水かぬるま湯(40℃以下)が適温です。ニットの洗いは摩擦を最小限にするのがポイントです。洗濯機は使わず「手洗い」をするのが基本です。洗い方も揉まずにゆっくり、やさしく「押し洗い」をします。脱水はネットに入れて洗濯機でごく短時間(約1分ぐらい)で済ませましょう。

 

ニットの洗いのコツ「干し方」

水を含んだニットは非常に型崩れがしやすいので、広げたバスタオルの上に形を整えて平干ししましょう。軽いものならハンガーを使っても良いですが、肩幅が広いものをなるべく使い、もう1本ハンガーを用意し、そこに両袖を持ち上げるように干すと伸びの防止になりますよ。
また縮みが気になるときは事前に採寸しておいて、干すときに寸法を確認し、整えて干しましょう。

色がでやすいものや、汚れのひどいもの、特にお気に入りの一着はニックにお任せください。

 

ニックのニットへのこだわり

Wマーク認定店のニックだからこそできるウェット処理技術で、素材や汚れに合わせて温度や洗剤を使い分けウェット処理をします。ドライクリーニングとウェットクリーニング2つの洗い方を中心にニットの状態に合わせて提案させていただきます。

ニットで一番気になる毛玉の処理も無料です。お洋服がきれいでも、毛玉ができているとなんとなく汚れて見えてしまいますよね?!ニックでは4種類の毛玉取り機を使い素材の特徴や風合いを見極めながら、一点一点手作業で行います。糸引きはもちろん、生地を傷めることはありません。

またニックでは、素材の持つ回復力を生かし、風合いや形を補正する事もできます。袖口や裾がヨレてしまったもの、毛並(風合い)がぺちゃんこになってしまったものはニックの職人の技術でよみがえります。

 

カシミヤ・アンゴラはソフトクリーニングがおすすめ

特にデザイン性が高いカシミヤやアンゴラなどのデリケート素材のものや、ビジューやスパンコールの付いたニットは「ソフトクリーニング」がオススメです。より摩擦が少なく、ゆりかごのように優しく洗い、低温で乾燥をするのでポイントを生かしたまま優しくお手入れをすることができますよ。

ニットは化粧品や皮脂などの油汚れも意外と付いているものです。それらが変色しないように、シーズン中に3回+しまい洗いに1回を目安にニックに出してください。
また袖などに付きやすいシミも古くなると黄ばみになり取れなくなってしまいますので、シミが付いたら早めにお持ちいただき、冬のオシャレを楽しんでくださいね。

2018/10/02