ブログ

HOME» ブログ »≪ビジネスリペア~擦り切れ直し~≫

ブログ

≪ビジネスリペア~擦り切れ直し~≫

こんにちは、akkoです。

もうすぐ10月。クールビズも終わり、スーツや長袖Yシャツの準備はお済みですか?

夏に履いたズボンはWクリーニングでしっかりと汗や皮脂の汚れを落としておきましょう。

 

夏場はスーツの上着は着ないけれど、ズボンは通年着まわしている方も多いと思います。

受付でお品物を拝見していると、上着はそうでもないのに、ズボンが着用でダメージを受けているお品物が・・・。

生地にダメージがあると、そこからさらに広がりやすくなります。

クリーニングだけでなく、早めにお直しすることは、永くキレイに着られるポイントです。

 

 今回は、ズボンの擦り切れのお直しについてのお話です。

ズボンの股がいつの間にか破れてしまっていた!なんてことありませんか?

下着が見えてしまうので困ってしまいますよね。

 

はい、もちろん、お直しできます☆

内側に生地を補強して、ミシンで刺してお直しします。

直した跡が見た目ではわかるのですが、ジャケットを羽織ったり、太ももの内側なので人目からは隠れる場所です。

【ズボンの股・擦り切れ直し】 左右両方で¥3,060-(税抜価格)

 

クリーニングの受付で、ズボンの股が破れている事に気が付くと、修理のご案内をさせていただいております。

あるお客様は、

「全然気が付かなかったよ。教えてくれてありがとう!」

とおっしゃっていただき、後日、他のズボンでも股の擦り切れ直しでお預かりしました。

 

 負荷がかかりやすい股以外にも、ダメージを受けやすい箇所がいくつかあります。

たとえば、後ろポケットに財布などを入れている場合は、後ろポケットの端もダメージを受けやすい箇所です。

【後ろポケット脇・切り切れ直し】  (片方)¥950-(税抜価格)

 

 お直ししないでこのままにしておくと、さらに破れが広がってしまいます。

股スレ直しと同じようにミシンで刺して補強して、さらなるダメージを防ぎます。

後ろポケットに財布を入れている方は、ぜひ、ご自分のズボンを一度確認してみてくださいね。

 

普段から愛用しているズボン、日々の着用で思った以上にダメージを受けています。

 

腕時計をしている方は左の前ポケットが擦り切れていませんか?

ベルトが擦れて、ベルトループがボロボロになっていませんか?

裾が靴に当たって、擦れ切れていませんか?

 

ニックでは受付でお品物を確認しながら、ズボンの生地の状態も見ております。

気になるところがありましたら、遠慮なくご相談・お申しつけくださいませ。

2020/09/28

ブログ

 

  

ニックからのお知らせ

メディア掲載

アパレル業者様へ

HOME

ニック会員カード
ファッションお手入れ通信
ダウンクリーニング